大会情報

荒川区少年野球連盟競技規則

チーム編成

  • 1.ベンチ入りできるメンバーは選手、選手以外は6名以内とする。(監督・コーチ・スコアラー等)

グランド到着・試合準備

  • 2.メンバー表は第1試合は30分前、第2試合以降は1時間前までに提出すること。
  • 選手は30分前には集合していること。この事柄を守れない場合は棄権とみなし、相手チームを勝者とする。

  • 3.投間・塁間・ベースは次のとおりとする。
  • 〇中学部:投間18.44m 塁間27.431mとする。
    〇学童部:投間16m 塁間23mとする。
    〇ジュニア部:投間16m 塁間23mとする。
    〇教育部:投間14m 塁間21mとする。
    ◎ベースは使用するグランドのものを使用する。

  • 4.先攻・後攻は主将のジャンケンにより決定する。
  • ベンチは対戦表の若い番号のチームが1塁側、大きいチームが3塁側とする。

  • 5.天候によるコールドゲームは、中学部・学童部は4回、ジュニア部・教育部は3回とする。
  • 6.ボークに関しては次のとおりとする。
  • 中学部・学童部・ジュニア部、即宣告
    教育部は指導・警告のみとする。

  • 7.試合に勝ったチームの指導者は、必ず本部に立ち寄り次の試合を確認して帰ること。
  • 8.投球練習に関しては次のとおりとする。
  • 〇初回の投球練習は8球(1分間以内)とする。
    〇2回以降の投球練習は3球とする。

  • 9.次打者はウェイティングサークル内にヘルメットを着用の上、待機する。
  • ウェイティングサークル内での素振り、リングの使用は禁止する。ベースコーチャーもヘルメット着用とする。

  • 10.スパイクの紐は攻撃中に結んでおき、試合継続の妨げにならないようにする。(このためのタイムは認めない)
  • 11.決勝戦・準決勝戦・3位決定戦は4審制にて行う場合もある。

試合回数及び試合時間

  • 12.試合は回数とタイマー(時間)を併用する。
  • 13.中学部・学童部は7回戦の90分にタイマーをセットし鳴ったらその回を最終回とする。
  • ジュニア部は5回戦の70分にタイマーをセットし鳴ったらその回を最終回とする。
    教育部は4回戦の60分にタイマーをセットし鳴ったらその回を最終回とする。
    ※準決勝戦・3位決定戦まで <決勝戦に関しては15項参照>

  • 14.同点の場合、ノーアウト満塁の継続打順で試合を決する。(1回)
  • 決しない場合は、9人による〇×の抽選を行う。

  • 15.決勝戦は全てのクラスで回数と時間制を取り入れる。
  • 中学部・学童部は7回戦とし、2時間を過ぎたら新しいイニングには入らない。
    ジュニア部は7回戦とし、1時間20分を過ぎたら新しいイニングには入らない。
    教育部は6回戦とし、1時間10分を過ぎたら新しいイニングには入らない。
    ※同点の場合はノーアウト満塁の継続打順にて決する。全てのクラスにおいても最高2回までとする。

  • 16.時間制限の解釈について
  • 例題1

  •  
    Aチーム 
    Bチーム 
  • 4回裏終了時で90分を過ぎたら新しい回に入らない。4回で終了する。

  • 例題2

  •  
    Aチーム 
    Bチーム× 
  • 4回表終了時で90分を過ぎたら後攻チームが勝っているので4回裏には入らない。
    但し、4回裏攻撃中に90分を過ぎたならば5回表の攻撃に入る。。

  • 例題3

  •  
    Aチーム 
    Bチーム 
  • 4回裏の攻撃が始まる時に90分を過ぎていて4回裏に2点が入ったら試合終了となる。
    但し、4回裏の攻撃中に90分を過ぎたならば4回裏にたとえ2点以上得点しても5回表の攻撃に入る。

  • *ジュニア部・教育部は1回の表裏の攻撃中に時間が過ぎたら上記の例題により試合終了となる事もある。

  • 17.コールドゲームは中学部・学童部は3回以降10点差 5回以降7点差とする。
  • ジュニア部・教育部は3回以降7点差とする。

その他

  • 18.その他、上記以外については荒川区少年野球連盟大会規定及び公認野球規則を適用する。

  • 平成21年度改正